できるだけ時間と労力とお金を掛けずにG検定に合格する方法

以前、「できるだけ時間と労力とお金を掛けずに日本語教育能力検定試験に合格する方法」という記事を書いたことがあるのですが、今回はG検定版です。2018/11/24に受験して本日11/30にメールで合格通知いただいたので、その顛末について書いてみます。

そもそもG検定とは何か?
G検定とは、一般社団法人日本ディープラーニング協会が年2回実施する資格試験です。エンジニア向けのE資格と異なり、「ディープラーニングに関する知識を有し、事業活用する人材(ジェネラリスト)」を育成するための試験とのこと(出典:一般社団法人日本ディープラーニング協会―人材育成)。2017年にスタートした新しい資格です。

受験の動機
そもそも自分は本職で強いストレスを感じると、達成感を得るために資格試験を受けようとする傾向にあります(前回の日本語教育能力検定試験のときもそうでした)。いや本職はマーケターなのですが、機械学習についても面白そうと感じていて、単発のセミナーに参加したりしていたんですよ。完全に趣味というか単にミーハー。そのセミナーの場で講師の方からG検定・E資格について聞き、「E資格は難しいけど、G検定なら勉強したら合格するんじゃないかなー」とぼんやり思ったのがきっかけです。

前提条件
ちなみに11/3の段階でまだ自分は「バックプロパゲーションって何?」という状態でした。よくそれで「合格するんじゃないかなー」と思えるものだと思いますが、受験勉強を長くやったせいか、短期間での詰込み学習は得意なんですよ。

高校数学はだいぶ忘れていますが、一応理数科出身で数IIIまで勉強した経験があります。いや偏微分とか完全に忘れていたので意味ないですけどね…。

G検定の特徴
G検定はジェネラリスト向けなので出題範囲がむやみやたらと広いです…って日本語教育能力検定試験と同じですね。計算問題も出題されますが、2~3題程度。あとはひたすら文章を読み、選択肢から選ぶ知識問題です。

自宅受験のため、参考書見たりググったりもできる試験ですが、120分で226問解く必要があるので、全問ゆっくり調べていたら確実に時間が足りなくなります。後半にも簡単な問題があるので、できるだけ素早くがんがん答えていくのが良いと思われます(問題にはチェック入れておいて後で見直すこともできます)。自分は全問回答後、数分残っていたので一応見直しをしました。1題だけですが、回答漏れの問題があり、見直して良かったです。

学習方法
G検定、受験料が12,960円(税込)と結構高いんですよ!なので学習にはお金を掛けたくありませんでした。あと平日は時間が取れそうになく、週末に詰め込むしかなかったので、AI白書などの参考書は思い切って捨てました。

書籍:
出版されたばかりの日本ディープラーニング協会 (監修)『ディープラーニングG検定公式テキスト JDLA資格試験学習書』に絞りました。この本、11月頭にはあらゆるオンライン書店で売り切れだったのですが、柏のジュンク堂でラス1を取り置きしてゲット。結局、2回通して読みました。章末問題が理解度を試すのに良いです。ちなみに全9章中、5-7章がキモでそれ以外の章はまったく難しくありません。

動画:
YouTubeで「機械学習」や「ディープラーニング」という語で検索して説明動画を何本か見ました。

模擬試験:
全然知らなかったのですが、当日午前中にTwitterで模擬試験があるということを知り、慌ててやりました。やっておいて良かった…同じ問題がいくつか出題されていましたよ。

学習スケジュール
時間を掛けて準備するタイプの試験ではないと思います。3か月とか掛けてしまうと、用語などを忘れてしまうのでは。自分は11/2に上記テキストゲットして、週末読むだけで11/24の試験に間に合いました。

まとめ
・費用:受験料12,960円+公式テキスト3,024円=15,984円
・期間:22日

合格率が高い(約65%)試験ですが、ある程度の準備は必要かと思います。
とりあえず、機械学習エンジニアの方と話をするときにあまりに頓珍漢なことを言わずに済むようになったのかもと考えています。もちろんまだ機械学習の勉強の入り口に立ったばかりなので、今後も勉強を続けていきますよ!E資格も取れたらいいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です