転職します

「まーた転職するのかよ」と思われる方も多いかと思いますが、ええ転職します。行けるところまで行きますよ!

前回の転職については、「畑違いの仕事をしていた」「企業ではなく学術団体系の仕事からの転職」「退職日が先に決まっていた」という悪条件下で行ったため、割と大変だったのですが(顛末はこのあたりにあります→アラフィフがいまどきの転職活動をやってみた(1))、今回は年齢が上がっている・さらに転職歴が増えたのに意外と転職活動が楽でした。

■なぜ転職するのか?
知名度こそ低いもののいまどき珍しく倍々ゲームで成長している会社に在籍しておりました。勢いのあるベンチャー企業って楽しいですよね。成長は七難を隠しますよ。おかげさまで評価もいただいていたのですが、どうしても倫理的に許せない業務が途中で発生。そこに目をつぶるかどうか、半年以上悩んだ末、退職を決めました。人によっては「そんなささいなことで?」と言われるかもしれないのですが、「やってはだめなことはだめ」だと自分は考えます。まあ自分の場合、転職に失敗しても最悪自分ひとりが餓死するだけなので、こんなことが言えるのかもしれませんが。でも働いていく上で売っちゃいけないものはありますよね。魂とか。人間だもの。

あとISO管理責任者業務をこんなにおっちょこちょいな自分に振るのは絶対に間違っているよ、とも思っていたのですが、そちらは当時、他に適任の方がいなかったということで仕方がなかったです。

上記の仕事群を別々の方に引き継いだら、非常にぶーぶー言われました。が、あなた方がぶーぶ―言う仕事、ひとりでやっていたんですよ…!わかれよこのつらさ…!

■転職活動について
今回は退職日ありきではなかったので、長期戦を覚悟して普通のネット応募をしてみたのですが、意外にもさくっと転職先が決まりました(実質活動は1ヶ月程度。今回もマーケティング系の管理職としての転職です)。前回とは異なり、IT業界内での転職であったことや入社後1年以内に昇進という実績が良かったのでしょうか。あと、以前と比較して、転職回数について面接でねっちょり言われるケースが減ったような印象を受けます(注:転職回数が気になるのなら、そもそも書類で落とせよという話でありますが、以前は面接に呼んでおいて説教してくる会社が後を絶ちませんでした)。たまたまだったのかもしれませんが、転職市場での風向きが変わっているのならいいなあと思います。

■新しい会社での抱負
本来業務であるマーケに専念できます。これが一番うれしいなあ。いろんなことをやりたいのはやりたいのですが、マーケでやりたいのよ。ISOじゃないのよ。そして錆びつき気味の語学(英語・中国語)もぜひブラッシュアップしたいです。

■変わった社長さんシリーズ
前回ほど面接には行かなかったのですが、それでも!今回も変わった社長さんにお会いしました。

・一発芸の社長さん
デザイン勝負のプロダクト(これがまたかっこいいんだ!)のマーケティング責任者の募集。転職サービス経由でスカウトが来たのでオフィスにお邪魔しました。オフィスが男前インテリアで超素敵。がしかし、お話を聞いてみると、あまりに一発芸というか出オチすぎて、継続的に売れそうにない中途半端なプロダクトな上に、セールス方針が荒唐無稽(というか目標設定が意味不明)で驚きました。御社内では誰もそれに反対しないんですか…。「たくさん応募者がいるから課題出してその出来で合格者決めるよ。とっとと提出してきなよ、YOU?」的なことも言われたため、速攻でごめんなさいしました。

・「この場で弊社のKPIを策定してくれ」な社長さん
 まず強烈に面接日程を早くしてくれと急かされる。急募なのかな、と面接に行くと、こちらの経歴などの話は3分で終わり、あとの面接時間はずーっとKPIをどう策定したら良いか教えてくれと言われてました。そしてマルケトの愚痴。いやCSFやKSFは開示してくれないわけでしょう(聞いたとしてもすぐ腹落ちできるわけじゃないけど)。それでいきなりKPIを考えてくれってどうよ。もしかしたら適当に耳あたりの良いことを言えばよかったのかもしれませんが、無責任なこと言うのもなあと思って逡巡していたら、愚痴をさんざん言って気が済んだのかそのまま不採用となりました。一体なんだったんだろう…通り魔?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です