2 States – The story of my marriage

出す本出す本すべてベストセラー入りで、インドでは作家というよりむしろロックスターに近い扱いをされているらしいChetan Bhagat(投資銀行を退職して作家専業になったそうです)の新刊が書店に並んでいたのでさっそく読みました。作者の経験にもとづいたフィクションであり、以前の作品Five Point Someoneの後日談でもある本です。IIT卒業後、ビジネススクールIIMAに入学した主人公がそこで知り合った同級生と恋に落ち、彼女と結婚しようとするのですが、そこで出身地や所属するコミュニティの違いにより数々の誤解や障害が起きる、というお話です。

[裏表紙のあらすじより]
Love marriage around the world are simple:
Boy loves girl. Girl loves boy. They get married.

In India, there are a few more steps:
Boy loves girl. Girl loves boy.
Girl’s family has to love boy. Boy’s family has to love girl.
Girl’s family has to love boy’s family. Boy’s family has to love girl’s family.
Girl and boy still love each other. They get married.

インドでは地方ごとに言葉も違えば文化や習慣も違います。そのため、インドというひとつの国に住む同じ国民としての意識よりも、州・地方(例:パンジャビやタミール・ナドゥなど)に属しているという意識の方が強いため、こういう問題が起こりえます。実際、親が同じコミュニティ内で釣り合いを考えて相手を決めるお見合い結婚が主流で、恋愛結婚は少ないのだそうです。

この人の本、何がいいって重いテーマや人間の嫌らしいところを扱いつつ、3行に1回ギャグを入れて(ベタなギャグもありますが)、重苦しくしすぎないところかも。あとちゃんと若い人が行動を起こして問題を解決するところ。とても読みやすいです。若者層に支持されるのもわかります。

【参考リンク】
以前の書評:
One night @ the Call Center
Five Point Someone: What Not to Do at IIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です