Five Point Someone: What Not to Do at IIT

インドの超難関大学IIT(インド工科大学)。MITよりも入学するのが難しいと言われ(入学試験IIT-JEEでは受験者の約1%しか合格しないそうです。倍率60倍)、入学すると将来が約束されるとあって、インド中にIITをターゲットにした予備校・塾がたくさんあります。 

そのIITに見事入学したはいいものの、超詰め込みの授業やGPAと呼ばれる成績によってすべてが判断されるといったようなシステムについていけず、落ちこぼれ気味の3人組が友情を育んだり、甘酸っぱい恋をしたり、いろいろ騒動を巻き起こしたりする青春小説(What Not to Do at IITというだけあり、「あーあー馬鹿だねえ」と思うようなことをたくさんやります)。 

著者のChetan Bhagatが実際にIITの卒業生ということで描写がリアル。軽いタッチなのであっという間に読めます。屋根の上で星見上げながらウォッカ飲みつつ将来の話するのって大学生っぽくっていいなあ。インドでは4年もベストセラーリストに入り続けた人気作で、ボリウッドで映画化され、今年公開されるそうです(タイトルは「3 Idiots」…三バカトリオですか)。 

著者のオフィシャルサイト:http://www.chetanbhagat.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です