The White Tiger

2008年のBooker賞受賞作。著者はインド人のAravind Adiga(ムンバイ在住)で、この本、ムンバイでは露店からチェーン大手書店までいたるところで売られています。あまりに見かけるので却って敬遠していたのですが、読んでみたらすごくおもしろかったのでした。おすすめです。

日本語にも翻訳されるのでは、と思ったらすでにされていました。『グローバリズム出づる処の殺人者より』。すごいタイトルだ。でも全体が「バンガロールの起業家より中国の温家宝首相に当てた長い長い手紙」という設定なので、「日出づる処の天子」をもじっているのも理解できます。

主人公はバンガロール(BPOの本場。外資系企業のオフィスがたくさんあります)の成功した起業家であり、同時に指名手配を受けている殺人者でもあるのですが、もともとはブッタガヤの近くの貧しい農村の貧しい家庭で育った人間でした(注:仏教の聖地ブッダガヤがあるビハール州はインドでもっとも貧しい地方で、識字率も最低とのこと)。家族の食い扶持を稼ぐため、学校を途中でやめさせられた彼がどうやって成り上がっていったのか、そしてなぜ人を殺したのか、指名手配を受けているのになぜ起業家として成功しているのか、といったところが徐々に明らかになっていきます。

主人公の目の前には、いまだに根強く残るカースト差別、都会に出稼ぎに出る人間に全力でたかる農村の家族、腐った選挙と警察、石炭利権、米国留学してリベラルな思想を身に着けたものの、インド帰国後は旧来の体制に順応せざるをえず苦悩する人間、自分よりさらに弱いものを叩く弱者たちなど、インド社会の問題点がてんこもりになって現れるのですが、語り口が飄々としていてところどころユーモラスなのと、主人公が腐りきっておらず、一本モラールの芯が通っているせいか、どよーんと重かったり嫌な印象を残しません。

文藝春秋のサイトで日本語版の立ち読みができます

Allaboutでも『スラムドッグ$ミリオネア』の原作本と一緒に紹介されていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です