Keep off the Grass

Chetan Bhagat『Five Point Someone』の二番煎じだけれど、舞台はIITではなくIIMバンガロール(Indian Institute of Management Bangalore)で、主人公はアメリカで育った印僑二世という設定のKaran Bajaj『Keep off the Grass』を読みました。こちらも2008年のベストセラー。

主人公のSamratはNY・マンハッタンの投資銀行で働く高給取りの印僑二世(見かけはインド人だけど話す英語はアメリカン。イェール大卒)なのですが、突然自分探しの熱にとりつかれ、誰もがうらやむ仕事を投げ捨て、自分のルーツであるインドに戻り、IIMバンガロールでMBAを取ることにします。しかし、アメリカ育ちの彼にとってインドでの生活は厳しく、また、なめてかかっていたIIMの詰め込み授業にもついていけず、結局は二人の親友と一緒にマリファナやパーティーなどに明け暮れる生活を送ることに。飲酒運転が見つかり、警察につかまりそうになったり(ここで親友の正体が明らかに)、ガリ勉野郎と対立したり、ダラムサラにメディテーションをしに行ってヒッピーの女の子と仲良くなったり、バラナシで夜中にAghoriの行者に出会って度肝を抜かれたり(Aghoriは儀式の一環として死んだ人の肉を食べます)、良い成績が取れず、企業からの内定も出なかった同級生が自殺したりなど、ものすごくありがちなエピソード満載の中、自分が本当にやりたいことを探すのですが、青い鳥は身近にいると言いますか、人からうらやましがられたり、スペックから判断されるような幸せではない、自分にとって充実感のある幸せを紆余曲折の末にやっとのことで見つけるのでした。

内容はともかく、章題のつけかた(前の章の最後の文の一部がそのまま章題になっています)がおもしろかったり、インド人でも中身は白人というのを「ココナッツ」と呼んだりするところなど細部が良かったです(中身が白人の東洋人のことを「バナナ」と言ったディック・リーを思い出したり。そういえば、最近お元気なんでしょうかディック・リー)。

本作にはRuskin Bondの推薦文がついているのですが、彼はなんと作中にも登場します。

著者のオフィシャルサイト:http://www.karanbajaj.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です