上海で本を買う

上海には日本人の方がそりゃあもうたくさんお住まいで上海ブログもすでに星の数ほどあるので、ただでさえ更新意欲が薄れているブログに新しいことを書こうという気持ちがより一層薄れているのですが、放置して書かないままでいると広告が出てしまうというプレッシャーにさらされているため何か書きます。そうだ。ご本の話だと書けるよ、きっと。

昔は中国の書店といえば新華書店と露店くらいしかなかったのですが、今の上海には選択肢がたくさんあります。でも大多数は中国語の本、次に多いのは英語の本で日本語書籍はそれらに比べるとあまり売られていません。その代わり、文学から実用書・イラストエッセイ・自己啓発書・ダイエット本に至るまでいろいろな日本の本が中国語に翻訳されています。今、日本の歴史小説が人気らしく、主だった日本の歴史人物の本がいろいろ並べられていてすげえと思いました(司馬遼太郎『燃えよ剣』(!)が平積みになっていたりするんですよ)。

具体的にどういったところで本を売っているかというと。

福州路(上海の書店街)
上海の書店街は福州路(外灘・豫園の近く)。文具、画材などを扱うお店も豊富にあります。以下は代表的な2店。
上海書城
総合書店。でかいです。
外文書店
英語・日本語の本、外国人向け中国語学習教材などが豊富。英語のペーパーバックや写真集などはここで買うのがお薦め。
※古北にも外文書店がありますが、小さい上に品揃えが良くないです。

[参考]
「福州路」–上海随一の書籍文具街 -Part 1-(新上海人的編集生活より)
http://tnkoumei.typepad.jp/china/2006/05/post_a4b3.html

徐家匯の総合書店
上海の繁華街・徐家匯のデパートの中に大きな総合書店(チェーン)が入っています。
大衆書局(美羅城内) 
お気に入り。外国の翻訳小説たくさんあります。東野圭吾はともかく、渡辺淳一がなぜそんなに多いの…。
新華書店(港匯広場内)
ヤングアダルト本コーナーがあって涼宮ハルヒの翻訳版が置いてあったのを見ました。

おたく本・雑誌
上記の書店にはおたく系の本があまりなかったのでおかしーなーと思ったら、そういう本は別に売っているところがありました。老西門の上海文廟(孔子廟)前の通りの書店や露店。本やDVDだけではなく、文具やフィギュアやコスプレ衣装などのおたくグッズ売っています。若者が多いところに行けばあるようなので、他にも大学のそばなどにあるのかも。

上海文廟(入場料10元)の境内で日曜やっている古本市ではBLコミックスを売っています(新品あり)。内蒙古人民出版社のやつはちゃんと版権取っているみたいですが、台湾でコピーして作っているようなあやしい本(繁体字でした)も混じっていたり。日本で11月発売の本が1月上旬にはもう翻訳されて並んでいました。はやっ。
※日高ショーコが日高シューコになっているのは本当に版権とっていてそれなのか?え?と問いつめたいですが…。

[参考]
上海文廟~古本市場を訪ねて~(Shanghai Explorerより)
http://www.explore.ne.jp/feature/wenmiao.html

英語のペーパーバックは、カルフール前など外国人が多いところの露店でも売っています。ラシュディやインド人著者の本を何冊か見たのでもしかしたらインドから持ってきたりしているのかな?あと浦東にはまだ行っていないので、浦東の書店を今後発掘していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です