上海で本を買う

上海には日本人の方がそりゃあもうたくさんお住まいで上海ブログもすでに星の数ほどあるので、ただでさえ更新意欲が薄れているブログに新しいことを書こうという気持ちがより一層薄れているのですが、放置して書かないままでいると広告が出てしまうというプレッシャーにさらされているため何か書きます。そうだ。ご本の話だと書けるよ、きっと。

昔は中国の書店といえば新華書店と露店くらいしかなかったのですが、今の上海には選択肢がたくさんあります。でも大多数は中国語の本、次に多いのは英語の本で日本語書籍はそれらに比べるとあまり売られていません。その代わり、文学から実用書・イラストエッセイ・自己啓発書・ダイエット本に至るまでいろいろな日本の本が中国語に翻訳されています。今、日本の歴史小説が人気らしく、主だった日本の歴史人物の本がいろいろ並べられていてすげえと思いました(司馬遼太郎『燃えよ剣』(!)が平積みになっていたりするんですよ)。

具体的にどういったところで本を売っているかというと。

福州路(上海の書店街)
上海の書店街は福州路(外灘・豫園の近く)。文具、画材などを扱うお店も豊富にあります。以下は代表的な2店。
上海書城
総合書店。でかいです。
外文書店
英語・日本語の本、外国人向け中国語学習教材などが豊富。英語のペーパーバックや写真集などはここで買うのがお薦め。
※古北にも外文書店がありますが、小さい上に品揃えが良くないです。

[参考]
「福州路」–上海随一の書籍文具街 -Part 1-(新上海人的編集生活より)
http://tnkoumei.typepad.jp/china/2006/05/post_a4b3.html

徐家匯の総合書店
上海の繁華街・徐家匯のデパートの中に大きな総合書店(チェーン)が入っています。
大衆書局(美羅城内) 
お気に入り。外国の翻訳小説たくさんあります。東野圭吾はともかく、渡辺淳一がなぜそんなに多いの…。
新華書店(港匯広場内)
ヤングアダルト本コーナーがあって涼宮ハルヒの翻訳版が置いてあったのを見ました。

おたく本・雑誌
上記の書店にはおたく系の本があまりなかったのでおかしーなーと思ったら、そういう本は別に売っているところがありました。老西門の上海文廟(孔子廟)前の通りの書店や露店。本やDVDだけではなく、文具やフィギュアやコスプレ衣装などのおたくグッズ売っています。若者が多いところに行けばあるようなので、他にも大学のそばなどにあるのかも。

上海文廟(入場料10元)の境内で日曜やっている古本市ではBLコミックスを売っています(新品あり)。内蒙古人民出版社のやつはちゃんと版権取っているみたいですが、台湾でコピーして作っているようなあやしい本(繁体字でした)も混じっていたり。日本で11月発売の本が1月上旬にはもう翻訳されて並んでいました。はやっ。
※日高ショーコが日高シューコになっているのは本当に版権とっていてそれなのか?え?と問いつめたいですが…。

[参考]
上海文廟~古本市場を訪ねて~(Shanghai Explorerより)
http://www.explore.ne.jp/feature/wenmiao.html

英語のペーパーバックは、カルフール前など外国人が多いところの露店でも売っています。ラシュディやインド人著者の本を何冊か見たのでもしかしたらインドから持ってきたりしているのかな?あと浦東にはまだ行っていないので、浦東の書店を今後発掘していきたいです。

Landmarkに行くべし!(ムンバイで本を買う~アップデート)

以前書いた「ムンバイで本を買う~地球の歩き方には載っていない書店ガイド」にアップデートがありましたのでお知らせ。最強の書店がムンバイにできました!それはLower Parel(W)にあるLandmarkです。

【参考】Store Review: Landmark (Mumbai Bossより)

GAPやDiesel(両方ともムンバイ初出店の店舗)などが入っている高級ショッピングモール The Palladium(Phoenix Mills Compoundというショッピングモール街の中にあります)の地下1階がまるまる書店になっていて、書籍はおろか、DVD・CDなどの品揃えが大層豊富なのです。クラシック音楽好きにはインドは暮らしにくい国なのですが(大抵の店にはベートーベン・モーツァルト・バッハ・チャイコフスキーなどのメジャー作曲家のメジャー曲CDか、名曲セレクションCDしか置いていません)、他の店では見たことのないほどクラシックCDも揃っています。ナクソスもあるよ!あと、インドではあまり見かけないモレスキンの手帳もこの書店には置いています。

書籍の品揃えもすばらしいのですが(でも米国作家作品でちょっと前のものは弱いかも。この書店に限らず、インド書店全般でそうなんですが)、トイレ・椅子も完備でゆっくり本が選べるのもいいところ。カフェは書店内にはありませんが、同じモール内や近辺にいくつもあります。週末をこの書店で過ごすというムンバイっ子も多いという噂(日曜に行ったら同じ会社の人に会いました。エディターはご本たくさん読みますね)。

というわけで、ムンバイに来られたらこのLandmarkにお立ち寄りください。Lower Parelはムンバイ中心にあるChurchgate駅からWestern Railway(近郊列車)に乗って6駅。Western Railwayの列車は最近新しくなって、英語で次駅を案内する車内アナウンス付きになったので旅行者の方にもハードル高くないと思います。

ムンバイで本を買う~地球の歩き方には載っていない書店ガイド

ムンバイは大都市で書店もたくさんありますが、長期滞在ならともかく、旅行者として短期間滞在するだけの場合、なかなかこれという書店が探しにくいのではないかと思います。ガイドブックに載っている書店があまり良くなかったりするケースもありますし。そこでおすすめ書店をいくつか紹介することにしました。

書店の良い悪いの判断には個人の趣味も入ってくると思いますが、ここでは蔵書数の多寡だけではなく、本の配列や棚の配置がわかりやすく、目当ての本を見つけやすいかどうかという方向から考えています。インドで売られている本の9割は英語の本で、英語非ネイティブにはうずたかく積み上げられた本をタイトルだけでスキャンするのは苦しいので。

CST

写真のCST駅(チャトラパティ・シーヴァージー・ターミナス)からフォート方面(南)に向かって6-7分程度歩くと道路の右側にいくつか書店が並んでいるのが見えてきます。

Mumbai Bookstore-bookzone

Bookzone。中堅書店といった感じで、薄く広くいろんな分野の本を置いてある感じ。自分が行ったときにはAmitav Ghosh(アミタヴ・ゴーシュ)のペーパーバックがずらりとあったのが目をひきました。

Mumbai Bookstore-computer_book

Computer Bookshop。名前の通り、コンピュータ専門書店。店頭からは見えませんが、奥にO’reilly(オライリー)本がたくさんあります。

さらに南へ進むと、Flora Fountain(Hutatma Chowk)という交差点(交差点の真ん中にこんな像があります)があるので、右折するとすぐ露店の書店がたくさんあるのに気づくはず。

Mumbai Bookstore-bookstall1

Mumbai Bookstore-bookstall2

今ムンバイは雨季なので本をぬらさないようビニールシートで覆われていますが、激しく降ったときにはこれではちょっとまずそうです。露店には珍しい本はあまりなく、主にベストセラーの中古ペーパーバックが売られています。

そのままずんずん直進すると右手にChurchgate(チャーチゲート)駅、左手にEROS Cinema がどーんと登場。

Eros Cinema

EROS Cinemaの建物。関係ないですが、ムンバイでタクシーに乗るときは、目的地の近くにある映画館の名前を言うと運転手にわかりやすいと思います(外国人に有名な観光地でも運転手が知らなかったりするので。例:ガンジー博物館のマニ・バワン)。もうひとつ関係ないですが、今かかっているヒンディ映画のKamineyはおもしろいのでおすすめです。

Mumbai Bookstore-oxford1

EROS Cinemaの左をずっと南に行き、つきあたった大きな道を右折すると、Oxford Bookstoreが。インド全国チェーンのお店ですが、中にカフェ(Cha Bar。紅茶・ウーロン茶・日本の緑茶などいろんなお茶がポットで出てきます。サンドイッチなどのスナックも食べられます)もあり、ゆっくりくつろぐのにもってこいです。本はもちろん、DVDやVCDなどの品揃えも豊富。惜しむらくは、お客が使えるトイレがないこと。トイレさえあればここが一押しなのですが。

Mumbai Bookstore-kemp's corner Crossword1

Mumbai Bookstore-kemp's corner Crossword2

じゃあ一押しはどこなのかというと、フォートから少し離れますが、マニ・バワンや沈黙の塔(ゾロアスター教の鳥葬施設)のそばにある、Kemp’s Corner(最寄駅はGrant Road)のCrosswordです。ここもチェーン書店で、ムンバイだけでも17店舗もあるそうです。2階にカフェがあって、脂肪分ゼロのヘルシーなパンもテイクアウトできたりします。客用トイレもあるので安心。テーマ別にセールをよくやっています。

その他、郊外のショッピングモールの中に入っている書店にも意外な掘り出しものがあったりするので油断できません。観光ではムンバイ郊外まで足を伸ばすことは少ないかもしれませんが、機会があればぜひお立ち寄りください。

Mumbai Bookstore-odyssey

おもちゃ屋かー!みたいな外観ですが、Navi Mumbai(ナビ・ムンバイ)のショッピングモール中にある書店Odyssey

Mumbai Bookstore-vashi bookstore1

Mumbai Bookstore-vashibookstore2

こじんまりした個人経営書店(写真はVashi PlazaにあるVarsha Book Centre)も味がありますね。

【参考リンク】
Bookzone:http://www.bookzone-india.com/index.asp
Computer Bookshop:http://www.cb-india.com/
Oxford Bookstore:http://www.oxfordbookstore.com/
Crossword:http://www.crosswordbookstores.com/
Varsha Book Centre:http://varshabookcentre.com/